ビタミンA 成長

子供の成長のためにビタミンA

ビタミンA,成長,効果,効能

ビタミンAは子供の成長に、深く関わりのあるものなので、どのようなことに気をつけなければならないか、しっかりと把握しておきましょう。

 

 

 

 

妊娠中のビタミンA摂取について

女性が妊娠すると、体内に入るビタミンは赤ちゃんへと運ばれていきます。
妊娠初期の方にとってはビタミンAの不足や過剰摂取は気をつけなければなりません。
妊娠初期といえば、胎児が身体にとって大切な器官を形成していく大切な時期です。
ここで、ビタミンAが不足してしまったり、過剰に摂取すると胎児の奇形発生の危険の可能性があります。
特に妊娠前からサプリメントなどを飲む習慣がある方は、医師と話しあうことをお勧めします。
大量に摂取してしまうと、子どもに悪影響があるので気をつけましょう。
妊娠中に子供を守る一番の味方はお母さんです。ビタミンを上手に摂取して、出産に備えていきましょう。

 

子供の成長障害

ビタミンAは身体の歯や骨などの成長について深く関わっているビタミンです。
不足すると知能障害などの症状が出る可能性もあり、成長障害を招く恐れがあるため気をつけましょう。

 

また、ビタミンAを摂取することによって身体の免疫を高める効果があります。
鼻やのどなどの粘膜を強化し、ウィルスから身体を守る役割があります。
過剰摂取に気をつけながら日常の生活の中で、ビタミンAを摂っていきましょう。

 

 

その他のビタミンについても子供の成長のためにどのような役割を果たしているかということを知り、その知識を生かしていきましょう。


スポンサードリンク

子供の成長のためにビタミンA関連ページ

目の健康のために
ビタミンAは目の健康を維持するために必要不可欠な栄養素です。夜盲症やドライアイを予防します。
肌の健康のために
ビタミンAは美肌効果があります。化粧品にも多く含まれています。お肌の健康にはビタミンA摂取がオススメです。
風邪の予防に
ビタミンAには風邪を予防する力があります。疲れた時や寒い時などは、ビタミンAを摂取し風邪を予防しましょう。
がんの予防に
ビタミンAはがんの予防にも効果があります。最近ではビタミンAそのものよりも、βカロチンなどのカロテノイドのがん予防効果が注目されています。
アンチエイジングに効くビタミンA
ビタミンAのはアンチエイジング効果を持ちます。その為、美容業界でもビタミンC同様に人気のある成分なのです。
動脈硬化予防に
ビタミンAには強い抗酸化作用があるため、動脈硬化などの病気を予防することができます。