ビタミンA がん

がんの予防にビタミンA

ビタミンA,がん,効果,効能

ビタミンAはがんの予防に適しているということをご存じない方も少なくありません。

 

その発見は1926年、現在の国立健康・研究所(昔の内務省研究所)の藤巻良知によって明らかになりました。

 

実験の結果、ビタミンA欠乏症のネズミが胃がんや上皮細胞が多く発生するということが確認されたのです。

 

また、その結果を経て、ビタミンAの発がんを抑制する作用があるいうことが様々な動物実験によって報告され、ビタミンAを摂取することが「がん」予防に効果的であるということが、確認されています。

 

しかし、だからといって大量にこのビタミンを摂るということは身体に負担になってしまいます。

 

なぜならビタミンAは過剰症の心配があり、過剰に摂取すると目まいや嘔吐など様々な症状が現れてしまうからです。

 

そのため最近では、ビタミンAに変わって、βカロチンを代表としたカロテノイドのがん予防効果が注目を集めており、日本の研究機関で様々な研究が行われています。

 

がんの発生には身体の中で過剰に酸化反応が起こることが関係しており、カロテノイドはその酸化を抑える作用があります。

 

また、身体を守る免疫力を高める働きもあるため、ガン予防だけでなく、意識的に摂取することによって様々な病気の予防にも役立ちます。

 

こうしたカロテノイドの働きは、日本だけでなく、アメリカや多くの国で注目を集めているため、食品だけでなく、美容業界の間でも化粧品の実用化の研究も行われています。


スポンサードリンク

がんの予防にビタミンA関連ページ

目の健康のために
ビタミンAは目の健康を維持するために必要不可欠な栄養素です。夜盲症やドライアイを予防します。
肌の健康のために
ビタミンAは美肌効果があります。化粧品にも多く含まれています。お肌の健康にはビタミンA摂取がオススメです。
風邪の予防に
ビタミンAには風邪を予防する力があります。疲れた時や寒い時などは、ビタミンAを摂取し風邪を予防しましょう。
アンチエイジングに効くビタミンA
ビタミンAのはアンチエイジング効果を持ちます。その為、美容業界でもビタミンC同様に人気のある成分なのです。
子供の成長のために
ビタミンAは子供の成長のために重要な役割をしています。
動脈硬化予防に
ビタミンAには強い抗酸化作用があるため、動脈硬化などの病気を予防することができます。