ビタミンA 動脈硬化

動脈硬化の予防にビタミンA

ビタミンA,動脈硬化,効果,効能

ビタミンAの効能は様々なものがありますが、病気の予防にも深く関わっています。
特に、動脈硬化の予防としては大活躍するビタミンなのでよく覚えておきましょう。

 

人間の体内には、活性酸素というものがあり、過剰に発生してしまうと元気な細胞を酸化させ、老化やがんを引き起こします。

 

それだけでなく、活性酸素は悪玉コレステロールを酸化させることで血管を傷つけるため、動脈は硬くなったり詰まったり、弾力を失ってしまいます。

 

このような状態によって動脈硬化が進むと血液の流れが悪くなり、スムーズに血が運ばれなくなり、日本人の主な死因である心筋梗塞や狭心症、脳出血や脳梗塞を招く恐れもあるのです。

 

しかし、ビタミンAは摂取することによって、動脈硬化を予防してくれるのです。体内の酸化を防ぐ作用があるため、身体に欠かせない栄養素です。ビタミンAの他にもビタミンCやビタミンEなども効果的なビタミンです。

 

動脈の健康は人間が生きる上で大切なものです。
動脈に元気がないと筋肉などの組織だけでなく、心臓や脳などの臓器にも影響を与えます。
そのため、動脈硬化には要注意です。

 

また、初期に自覚症状がないため、気づいた頃には病気が進行していたというケースも少なくありません。

 

動脈硬化を予防するためにも、普段の生活の中で、ビタミンAを意識的に摂取するだけでなく、一日3食規則正しい生活を心がけましょう。

 

ビタミンを上手に摂取していても、睡眠不足や食生活の乱れなど不規則な生活を続けていると、動脈硬化だけでなく、様々な病気を招く原因となりますので生活を見直していきましょう。


スポンサードリンク

動脈硬化予防にビタミンA関連ページ

目の健康のために
ビタミンAは目の健康を維持するために必要不可欠な栄養素です。夜盲症やドライアイを予防します。
肌の健康のために
ビタミンAは美肌効果があります。化粧品にも多く含まれています。お肌の健康にはビタミンA摂取がオススメです。
風邪の予防に
ビタミンAには風邪を予防する力があります。疲れた時や寒い時などは、ビタミンAを摂取し風邪を予防しましょう。
がんの予防に
ビタミンAはがんの予防にも効果があります。最近ではビタミンAそのものよりも、βカロチンなどのカロテノイドのがん予防効果が注目されています。
アンチエイジングに効くビタミンA
ビタミンAのはアンチエイジング効果を持ちます。その為、美容業界でもビタミンC同様に人気のある成分なのです。
子供の成長のために
ビタミンAは子供の成長のために重要な役割をしています。