ビタミンA 発見

ビタミンAの発見と歴史

ビタミンには様々なものがありますが、その歴史を知ることにより、身体にとっていかに必要なものであるかということを再確認できます。

 

ここで、ビタミンAの発見についてご紹介しましょう。
歴史を学ぶことによって、より身近に感じることができます。

 

ビタミンAはさかのぼること1913年、米国のマッカラムがネズミのエサを牛乳成分が欠乏したもの(脂溶性A因子)を与えて、成長過程を観察することにより発見されました。

 

脂溶用A因子のエサを与え続けた結果、ネズミに目の病気や成長障害が現れることがわかったのです。

 

そして、同様な実験を繰り返すことによって、ネズミに眼球乾燥症の症状がみられ、最後には失明してしまうことを発見し、その存在が明らかになりました。

 

また、ビタミンAの化学構造についてはスイスのカラーが1931年に証明に成功しました。
同時期には、ネズミの体内でβカロチンがビタミンAへと変わっていくことが明らかになり、注目を集めました。

 

現在では、日本でもビタミンについて、免疫学や細胞学、がん予防の発見など、様々な研究が行われており、ビタミンAの書籍なども多く出版されています。

 

また、書籍だけでなく、研究者による講義やセミナーを大学などの学校だけでなく、市によって開催されているところもあるので、興味のある方はぜひ参加してみてはいかがでしょうか?

 

ビタミンAに対しての知識をふやすことにより、意識的に摂取するきっかけへとつながっていくので、そういったセミナーの参加もお勧めです。

スポンサードリンク

ビタミンAの発見と歴史関連ページ

ビタミンAとは
ビタミンAの存在は知っていても、どんな効果があるのか知る人は少ないもの。ビタミンCなどと同様、ビタミンAも人の美容と健康に欠かすことのできない栄養素なのです。
ビタミンAの効能
ビタミンAの効能について紹介しています。ビタミンAは目と肌に良く、体を元気してくれる栄養素です。
体内への吸収のされ方
ビタミンAの体内への吸収のされ方、吸収率について解説。
ビタミンAの種類
ビタミンAの種類について解説。大まかにレチノールとβカロチンの2種類に分けられます。
レチノールとは
ビタミンAの一種、レチノールについて解説。美容やアンチエイジング効果が注目され、化粧品などに多く配合されています。
βカロチンとは
ビタミンAの一種、βカロチンの紹介です。βカロチンは緑黄色野菜に多く含まれ、体内でビタミンAに変化する『万能ビタミン』です。
プロビタミンAとは
プロビタミンA・・・。あまり聞いたことがない言葉ですが、身体の中でビタミンAに変換される物質の総称を言います。代表的なものはβカロチンです。