ビタミンA βカロチン

βカロチンとは

ビタミンAの一種である「βカロテン」

 

主に植物性食品であり、にんじんやほうれん草などの緑黄色野菜に多く含まれています。

 

 

βカロテンは摂取することで、体内にビタミンAに変化してくれる
『万能のビタミン』です

 

レチノールと同様、脂に溶けやすい脂溶性ビタミンであり、料理する時は油で調理すると身体への吸収率が高くなります

 

また、様々な効能があり、鼻やのどなどの粘膜を正常に保つ役割があり、ウィルスから身体を守ってくれます。
風邪予防のビタミンAとして、とても大切なものです。

 

そして、βカロテンはそのものだけで抗酸化作用があり、がんなどの生活習慣病を防ぐ力をもっています。
活性酸素の過剰発生により、身体が酸化していき、ガンを引き起こしていきますが、この活性酸素によって酸化しないように細胞を正常化する働きがあるのです。

 

現在では、がんだけでなく、脳卒中心筋梗塞などを引き起こす心臓病患者がβカロテンを摂取することで死亡が半減したということが報告され、医療業界でも注目されています。
摂取することで、コレステロールによる血管の閉塞を防ぐ働きがあることが発見されたのです。
世界でβカロテンの効能の研究が続いています。
ビタミンAとしてだけでなく、そのもとしても活躍が期待されるビタミンです。

 

もちろん、サプリメントもありますがサプリメントだけに頼らず、食品から摂取することを心がけていきましょう。

 

ビタミンAであるレチノールとβカロテンをバランスよく摂ることを意識しながら日々の食事を楽しみましょう。


スポンサードリンク

βカロチンとは関連ページ

ビタミンAとは
ビタミンAの存在は知っていても、どんな効果があるのか知る人は少ないもの。ビタミンCなどと同様、ビタミンAも人の美容と健康に欠かすことのできない栄養素なのです。
ビタミンAの発見と歴史
ビタミンAはどのようにして発見されたのでしょうか。ここではビタミンAの興味深い歴史を垣間見てみましょう。
ビタミンAの効能
ビタミンAの効能について紹介しています。ビタミンAは目と肌に良く、体を元気してくれる栄養素です。
体内への吸収のされ方
ビタミンAの体内への吸収のされ方、吸収率について解説。
ビタミンAの種類
ビタミンAの種類について解説。大まかにレチノールとβカロチンの2種類に分けられます。
レチノールとは
ビタミンAの一種、レチノールについて解説。美容やアンチエイジング効果が注目され、化粧品などに多く配合されています。
プロビタミンAとは
プロビタミンA・・・。あまり聞いたことがない言葉ですが、身体の中でビタミンAに変換される物質の総称を言います。代表的なものはβカロチンです。