ビタミンA 過剰摂取

ビタミンAの過剰摂取

ビタミンA,過剰摂取

ビタミンが身体に良いということは多くの方がご存知です。

 

しかし、不足するとどのような症状が起きるのか、過剰に摂取することによってなにか身体に異常をきたすのかということはあまり知られていません。

 

ここで、ビタミンAの過剰摂取の注意点をご紹介しましょう。

 

一般的に通常の食生活を続けていると、摂りすぎても病気になるということはあまりありません。

 

ビタミンAの過剰症がはじめて報告されたのが、探検家があざらしや北極ぐまの肝臓を食べ、めまいや吐き気など激しい頭痛に襲われ、急性症状に見舞われたことでした。
深海魚や鮫などを食べている方も、このような症状を引き起こすことがあります。

 

動物の体内にあるビタミンAの多くは肝臓に貯蔵されているため、過剰摂取することによって身体に異常があらわれるのです。

 

また、大量に摂取しなければ、問題のないビタミンですが特にサプリメントを中心に生活している方は注意が必要です。

 

中には、身体に良いからと用量を守らずに多くのサプリメントを飲んでいる方もいらっしゃいます。
大量に飲んだからといって身体はよくなるどころか、大きな負担となり、過剰摂取によって吐き気や嘔吐を招く恐れもあります。

 

そのようなことがないように、サプリメントの用法・用量はしっかり守っていきましょう。

 

また、サプリメントばかりに頼らず、ビタミンAの摂取は食生活から得ることも大切です。過剰摂取に気をつけて、バランスの良い食事を意識していきましょう。


スポンサードリンク

ビタミンAの過剰摂取関連ページ

ビタミンAの上手な摂取方法
ビタミンAの上手な摂取方法について?明しています。できるだけ、βカロチンから摂ることがオススメです。
ビタミンAの必要摂取量
ビタミンAの必要摂取量について解説。厚生労働省により、必要摂取量が定められています。
妊娠中のビタミンA摂取について
妊娠中の女性は、ビタミンAの摂取で注意しなければなりません。特に貧血でお悩みの方は、医師と相談したほうが良いでしょう。
ビタミンAが不足すると
ビタミンAが不足すると様々な健康障害を引き起こします。ビタミンA不足で代表的な病気が夜盲症でしょう。