ビタミンA 摂取

ビタミンAの上手な摂取方法

ビタミンA,摂取

ビタミンAを摂取する際、どのようなことに気をつけていけばよいのかここで詳しくご紹介します。

 

日常生活の中で、上手に摂っていくことにより、身体の健康づくりに役立ててください。

 

まず、ビタミンAだけでなく、ビタミンには大きく分けて2種類あります。水に溶ける水溶性ビタミンと油に溶ける脂溶性ビタミンです。

 

ビタミンAの場合は、脂溶性ビタミンなので、にんじんやほうれん草などの緑黄色野菜や動物性食品であるレバーやうなぎを食べる時は、油を使って料理をして摂取することをお勧めします。

 

油を使うことによって、身体への吸収率が高まるからです。

 

また、緑黄色野菜を摂る時に生で摂りたいという方は、ドレッシングをかけるとよいでしょう。
ドレッシングの多くはオリーブオイルなどの油が含まれているため、効率的に摂取できるのです。

 

現在では、スーパーやドラッグストアなどで様々なドレッシングが売られているので購入をお勧めします。
また、レストランなどでも独自のドレッシングを取り扱っているところもあり、家庭で簡単にプロの味が楽しめるので興味がある方は、ぜひ活用ください。

 

また、ビタミンAの摂取方法で気をつけなければならないのが過剰に摂ることです。
βカロテンが多く含まれている緑黄色野菜を食べても問題はありませんが、レバーなどに含まれるレチノールを過剰に摂ると吐き気やめまいなど、過剰症になる場合もあるため注意が必要です。

 

できるだけ、βカロテンからビタミンAを摂ることをお勧めします。


スポンサードリンク

ビタミンAの上手な摂取方法関連ページ

ビタミンAの必要摂取量
ビタミンAの必要摂取量について解説。厚生労働省により、必要摂取量が定められています。
妊娠中のビタミンA摂取について
妊娠中の女性は、ビタミンAの摂取で注意しなければなりません。特に貧血でお悩みの方は、医師と相談したほうが良いでしょう。
ビタミンAの過剰摂取
ビタミンAの過剰摂取について説明しています。特にサプリメントを多く摂る方は注意が必要でしょう。
ビタミンAが不足すると
ビタミンAが不足すると様々な健康障害を引き起こします。ビタミンA不足で代表的な病気が夜盲症でしょう。