ビタミンA 摂取

スポンサードリンク

ビタミンAの上手な摂り方エントリー一覧

ビタミンAの上手な摂取方法
ビタミンAを摂取する際、どのようなことに気をつけていけばよいのかここで詳しくご紹介します。日常生活の中で、上手に摂っていくことにより、身体の健康づくりに役立ててください。まず、ビタミンAだけでなく、ビタミンには大きく分けて2種類あります。水に溶ける水溶性ビタミンと油に溶ける脂溶性ビタミンです。ビタミンAの場合は、脂溶性ビタミンなので、にんじんやほうれん草などの緑黄色野菜や動物性食品であるレバーやうなぎを食べる時は、油を使って料理をして摂取することをお勧めします。油を使うことによって、身体への吸収...
ビタミンAの必要摂取量
ビタミンについての必要量は厚生労働省で公開しています。ビタミンAもまた毎日の健康を維持するために、国で必要摂取量を定めています。また、一般的な人に対しての一日の必要最低限のビタミンAを定めているものであり、不足することで身体に様々な異変が現れる可能性もあるため、注意が必要です。厚生労働省では、一日の必要摂取量を性別に応じて推定平均必要量、推奨量、年齢によって定めています。単位は『μgRE』で、レチノール当量と呼ばれる表記です。レチノールとβカロテンから摂取できるビタミンですが、ビタミンA効力をも...
妊娠中のビタミンA摂取について
ビタミンAを摂取する際に気をつけなければならないのは、妊娠中の女性です。過剰に摂取することによって胎児に悪影響を与える可能性があるからです。ヨーロッパの食品科学委員会でもその可能性を指摘しており、日本の厚生労働省もまた、ビタミンAの過剰摂取について注意を呼び掛けています。特に、妊娠初期は子供が心臓や肺など様々な臓器を形成する大切な時期です。その際に、過剰にビタミンAを摂り続けていると、子供が奇形して成長してしまう場合があります。もちろん、普段の食生活の中で適量のビタミンは大切ですが、妊娠3カ月以...
ビタミンAの過剰摂取
ビタミンが身体に良いということは多くの方がご存知です。しかし、不足するとどのような症状が起きるのか、過剰に摂取することによってなにか身体に異常をきたすのかということはあまり知られていません。ここで、ビタミンAの過剰摂取の注意点をご紹介しましょう。一般的に通常の食生活を続けていると、摂りすぎても病気になるということはあまりありません。ビタミンAの過剰症がはじめて報告されたのが、探検家があざらしや北極ぐまの肝臓を食べ、めまいや吐き気など激しい頭痛に襲われ、急性症状に見舞われたことでした。深海魚や鮫な...
ビタミンAが不足すると
ビタミンが不足することにより、身体には様々な異変が起こります。ここで、詳しくご紹介しましょう。ビタミンAが不足することにより、よく知られているのは夜盲症です。一般的に、「とり目」と呼ばれることも多く、暗い所での視力が失われていきます。また、そのまま欠乏が進んでいくと、角膜上皮細胞が破壊され、角膜が乾き、潰瘍ができやすくなり、鱗状に角膜が変性しまい、最後には失明を招く恐ろしい病気です。日本ではあまり報告されていませんが、発展途上国では年間50万人以上もの多くの子どもたちがビタミンAが不足することに...