ビタミンA 食品

レチノールを多く含む食品

ビタミンA,レチノール,食品,料理

ビタミンAはレチノールとβカロテンの食品から半分ずつ摂取することを勧められています。

 

毎日の食生活の中で、どのようなものから摂取できるのかを知ることによって日常生活に役立ててください。

 

ビタミンA(レチノール)が摂取できる食品をここで詳しくご紹介しましょう。

 

ビタミンA(レチノール)が多く含まれる食品

  • 鶏肉レバー
  • 豚肉レバー
  • 牛肉レバー
  • あんこうのきも
  • うなぎ
  • レバーペースト
  • あなご
  • ぎんだら
  • あゆ(養殖)
  • ウズラの卵の水煮缶
  • 卵黄
  • フォアグラ
  • チーズ
  • アイスクリーム

 

レチノールは、80%~90%と小腸への吸収率が比較的高いため、簡単に摂取することができます。
一方で気をつけなければならないのが、過剰摂取です。
一般的に通常の食事をした場合には問題はありませんが、過剰に摂り過ぎた時に、吐き気やおう吐、下痢、頭痛、倦怠感、不眠などの症状が現れる可能性も0ではありません。

 

また、レチノールは動物性の食品のため、カロリーやコレステロールが高いので過剰に摂取することによって肥満を招く恐れがあるため注意しましょう。
特に女性の場合、貧血の予防のために鉄分を多く摂取しようとレバーを食べる方がいますが、その際も過剰摂取に気をつけて適量に摂ることを心がけていきましょう。

 

また、妊婦の方はビタミンAをレチノールからだけでなく、βカロテン中心に摂取することをお勧めします。不足や過剰に摂取することで、胎児に悪影響を及ぼす可能性があるからです。

 

食生活もバランスが大切です。日常生活の中で意識して取り組んでいきましょう。


スポンサードリンク

ビタミンA(レチノール)を多く含む食品関連ページ

βカロテンを多く含む食品
βカロチンが多く含まれている食品を紹介しています。βカロチンは緑黄色野菜に多く含まれています。
レチノールを摂りやすい料理
レチノールを取りやすい料理をご紹介します。妊婦の方におすすめなレシピです。
βカロテンを摂りやすい料理
βカロテンを摂りやすい料理の紹介です。今回は緑黄色野菜をふんだんに使った天ぷらの紹介です。ビタミンAは油と一緒に摂ると吸収率が上がるので、季節の野菜の天ぷらなどはとてもおすすめの料理です。